第13回「森になるサロン」報告、感想

2013/05/26 「森と美の方程式」講師:黒川五郎(森になる顧問)」報告

 〇日時:2013年5月26日(日)13:30-16:30
 〇場所:麹町区民館「洋室B」

ご案内⇒クリック

 

 本日はこのような素晴らしい集まりに参加させていただき、ありがとうございました。

 

 黒川氏と金氏によるコラボレーションで

 

・哲学の視点から見るアート

・空間アートから見る哲学

 

などを分かりやすく説いて頂き、統合アートとしての茶道のお話もとても興味深く、熱意のこもった講話に感動致しました。

 

 講話が進むにつれ意識が広がり会場全体がキリッとした神聖な空気に包まれ、来場された皆さんと、この空気を共有しているのがとても気持ちよく、終止楽しく、哲学や統合アートという概念をお勉強させて頂きました。

 

 最近、祖母がいよいよだと知り向き合い方としては、楽観的でもなく、重く考えすぎるでもなく、思考から逃げる事もしたくない。
しかし、どのように対応していいものか、どのように考え、見送っていいものかを模索していました。

 考えても答えなどないとは思うのですがひとつ参考意見をいただきたく、今日は参加させて頂きました。

 祖母は『森になる』のだと考え、繋がりをとりもどしにいくのだと考え、今私たちは、個々の樹木として互いの根をいたわっていきたいと考えることができました。
 苦しみは離れた肉体では理解することはできませんが、私たちはそれぞれの樹木として、家族として、悲しむよりも、少しでも『笑顔』という栄養を与える事ができたらと思いました。
 私の全ての思考、振る舞い、行動こそが統合アートだということ。
 生きていることのすべてが宇宙の表現であること。

 

 あたらしい思考を参考にさせて頂き、私は私の哲学を創造していきたいと考えさせられました。

(文責:吉川恵里奈)

 昨日の「森になるサロン」は神が舞い降りたかのような美しくすがすがしいインスピレーションでした。
 講師の金さん、黒川先生、コメンテーターの吉川先生がすばらしかったのはもちろん、参加者のおひとりお一人も短い発言ながら真髄をしっかり理解して羽ばたいていく姿がうれしかったです。
 黒川先生の55歳お誕生日にちなんで、ゴーゴー!!ですね。
 
 わたし的にうれしかったのは、ダンサーの「森の妖精たち」グループが結成されたことです。プロもアマも、柔らかい人も硬い人も、それぞれがいて、持続可能な優しい平和な森が実現する、このテーマを踊っていきたいと思います。
 月1回、妖精サロンでヨガとか身体に戻りながらダンスをしていきたいなと、その方向で進めていきますね。
 女の子が入ってくる!そうすると男性もますますうれしくなり、またまた進んじゃいますよね!

(文責:尾崎真奈美)

 先日は本当に楽しく刺激的なひとときだった。

 私は音楽をやっているけれど、ここ最近様々な分野のアーティストの方と知り合い、不思議な流れを感じていた。今回は、哲学者でお茶の師範の黒川氏と映像、音楽、美術などを含む空間アーティストの金氏の対談を聞きに行った。

 約2時間、歴史や思想など多岐にわたる話を黒川氏と金氏がよどみなく、絶妙なタイミングで受け渡し、話される。まるで美しい演奏を聴いているような気分だった。お話の中で言われていた、「人はみんな芸術家、生きること自体が創造」そのものを示していただいたように思う。

 

 争いのない平和な世界は、まず一人ひとりが幸せであることが必要。

 人がいつも幸せを感じて生きるためには、自分のうちにある神と繋がり、全てのものの中に神を見出すことかもしれない。

 分離した時代から統合の時代へ流れは大きく動いている。

 きっとそうしないと人類は生き残れないだろうから。

 なくても困らないものと軽視されてきた、芸術や瞑想、遊びなどが本当は人間にとって、なくてはならないものであったと気づいた今、教育も創造つまり個人の内からの喜びや好奇心を大切にし、満たすことを主体にする場であってほしいと思う。

 

 このような未来へのビジョンを思い描くこと、これも創造ですよね。

 様々なインスピレーションを与えてくれるお二人の対談を、シリーズ化してぜひ続けていただきたいと思います。

(文責:大谷順子)

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    余越美貴子 (水曜日, 29 5月 2013 20:52)

    自分の中での 美 とは

    大自然だったり 女性だったり せつなさだったり 感覚で感じてるものであったりして

    なんとなく狭い範囲で美をとらえていた自分の枠を 森になるサロンで大幅に広げてもらいました。

    最初、私には難しいお話かな?なんて気構えていましたが、

    金さん、黒川先生、それぞれの世界に引き込まれて
    あっというまの4時間でした。

    金さんの空間演出の映像を見ていて、その空間で踊らされてみたいなーなんて妄想に浸っていました(*^。^*)


    そして、秀海さん、吉川先生のお話、参加者のみなさんのお話にも、
    それぞれにそれぞれの世界を感じて

    いろんな宇宙を旅行した気分です★

    まずは、自分の内側の統合から始めて、大きな渦巻きを生み出せるようなダンサーになりたいです。


    スケールの大きなお話ありがとうございました。

    「森の妖精たち」も気になってます。

  • #2

    河野秀海 (水曜日, 29 5月 2013 21:00)

    余越美貴子さん

     先日は久々にお会いできてとても嬉しく思いました。
     来てくださって本当にありがとうございます。

     そういえばお名前が美貴子さんですから、美の貴さをダンスを通して伝えてくださるのを楽しみにしています☆⌒*

     「森の妖精たち」も楽しみですね。
     またぜひご一緒しましょう。

一般社団法人 森になる

〒1020082 

東京都‎千代田区一番町 6-4-712

・富士山連絡先

〒401-0511

山梨県南都留郡忍野村忍草2674-1 

        ダイアパレス富士忍野A304

代表理事:河野秀海

morininaru@gmail.com

FAX:03-6740-9949

Facebook ページ

↑クリック

  携帯アクセス
  携帯アクセス