満中陰

 仏教の死生観では、人が死んでから次の世―あるいは浄土に生まれ変わるまでの期間を、「中陰」または「中有」と言う。
 一週間毎に閻魔大王の前で、「天界、人界、修羅界、畜生界、餓鬼界、地獄界」のどの世界に生まれ変わるかの審判があると言われてきた。

 その審判は生前の行為で裁かれるというのだが、残された遺族が毎週お坊さんに来てもらってお経を上げ、「追善供養」をして点数を稼げば、少しでもいい所に往って生まれると考えた訳である。「往生」とは、往って生まれるからそのように言う。
 そして七七四十九日目が「満中陰」と呼ばれる。「満」とは、「満行」というように厳しい行を無事に終えたという意味で、祝い事である。
 これが今まで伝えられてきた意味であるが、私には残された者にとっての優れたメンタルケア・システムだと思えるのである。
 というのも、身近な人の死に触れて、残された私たちの心は普段と全く違った状態を迎えることになる。「あの時こうしてあげればよかったのに‥」、「何故あの時あんな風な態度を取ってしまたのだろう‥」といった思いが次々と湧いてくるものである。
 しかし、逝った人は全てを許し、あらゆることを―肉体までをも手放して逝った訳である。このような思いが逝った人を喜ばせるものでなく、下手をすると引き戻すことにもなりかねないので、そのような思いから離れて儀式を執り行うことで気持ちを昇華させることができるのではないだろうか。
 だから僧侶は遺族に対して「四十九日の法要まで、しっかりと務めてください」と言うのである。

 満中陰の間は「新亡精霊(しんもうしょうれい)」と言われるように、亡くなった霊は白木のお位牌に白木の経机、白い磁器の香炉、燭台などで祀られ、満中陰を迎えて初めて塗りのお位牌となってお仏壇に収められる。
 「満中陰」までの日数の数え方は地方によって違いがあるかもしれないが、亡くなった前日から数えるので五日目が初七日となり、通常お葬式を終えて二三日目に迎えることとなる。忙しい現代生活では、お葬儀の中で「式中初七日」を済ませることが多くなっているのはこのためである。
 前日から数えるというのは「逮夜(たいや)」と言って、一周忌などのその日というのは誕生日と同様に、その人にとっての特別な日である。その日が近づいてくると心の中もざわざわと波立ってくるものである。そういった特別な日を迎えるに当たって精進潔斎(しょういんけっさい)―すなわち菜食や断食をし、言葉や行動を慎んで行を執り行う準備を整えるのだ。
 このように死を日常の中に聖なるものとして落とし込むからこそ、生がイキイキと輝くのではないだろうか。

 

 では何故七七四十九日なのか‥
 これはE・キューブラーロスの死を受け入れる心のプロセスや、悲痛な経験の際の心的変化などに符号する点でもあれば、数秘術などの面からの解説も可能と思えるので、改めて記してみたい。
 金沢には「七つ橋渡り」という風習があり、彼岸の中日(春分、秋分の日)の深夜に行われると聞いたが、沖縄の久高島では、巫女の資格を与える12年に一度の神事がでやはり「七つ橋渡り」があるとも聞いたことがある。

 

 震災から早一年。身も心も備えねばならない。

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    あび (日曜日, 24 6月 2012 09:52)

    確かに中有については倶舎論にも書かれ、倶舎論の杜撰な改竄である「中有における聴聞における大解脱」と呼ばれる「発掘経典」という名の偽典(「チベットの死者の書」と呼ぶ人もいる)にも書かれていますが、本来、縁起生空を説く仏教には関係ないものです。釈迦は死後については「無記」を貫きました。それをあたかも仏教であるかのように言い、葬式仏教に利用しはじめたのは、江戸時代の寺請け制度による民衆支配の過程においてです。それをメンタルケアであるというのは、新手の「仏教支配の構造の隠蔽」になると思います。トランスパーソナル心理学が、京都学派などのナショナリズムに利用されていく構造がここにあります。この問題を越えるには、葬式仏教に関係なく、メンタルケアのシステムをまったく新たに構築するほうがいいと思います。

  • #2

    秀海 (日曜日, 24 6月 2012 09:57)

    詳しい解説ありがとうございました。
    長年のあいだに染み付いた宗教感情にも、緩やかな変革が必要かもしれませんね。
    過去の「解体/再構築」という図式ではない、緩やかな変容の仕掛けというのがあっていいかもしれません。

  • #3

    あび (日曜日, 24 6月 2012 17:11)

     追善供養が優れたメンタルケアシステムだという説は、いつ頃から誰が唱え出しましたか? たとえば「山川草木悉有仏性」と昔から日本では言われていたというような「捏造」は1970年代以降に京都学派が始めましたよね。同じように、追善供養メンタルケア説も、京都学派が後出しじゃんけんみたいに言い始めただけではないかと思うのですが・・・。そういう例が皆無とは言えないけど、歴史の総体を客観的に見るには、無視する側面と拡大する側面が意図的すぎると思います。

  • #4

    秀海 (日曜日, 24 6月 2012)

    再コメントありがとうございます。
    そうですか、またいろいろ教えてください。

  • #5

    あび (日曜日, 24 6月 2012 17:53)

    追善供養が優れたメンタルケアシステムだという説をいつ頃からだれの書物に見いだすようになりましたか? またはどんな場所でよく聴くようになりましたか? これは質問なんですが・・・。汗。ぼくも、どうして「こんなこと」になってきているのか探求中ですので、今後ともよろしくお願いします。

一般社団法人 森になる

〒1020082 

東京都‎千代田区一番町 6-4-712

・富士山連絡先

〒401-0511

山梨県南都留郡忍野村忍草2674-1 

        ダイアパレス富士忍野A304

代表理事:河野秀海

morininaru@gmail.com

FAX:03-6740-9949

Facebook ページ

↑クリック

  携帯アクセス
  携帯アクセス