第4回「森になるサロン」報告

2012/03/03 「ISLISシンポジウム・リハーサルセッション」報告

2012/03/03(土)14:00-16:30 

「ISLISシンポジウム・リハーサルセッション」

 13時から14時までは今年6月にモスクワで開催される「ポジティブ心理学会」でのデータ発表が行われました。

 14時からは河野秀海が「森になる」の背景と概念を示して問題提議し、それに対して哲学者の甲田烈さんと心理学者の小野寺哲夫さんがそれぞれの立場から理論的肉付けをし、尾崎真奈美さんが全体をまとめてくださいました。

 学術的な内容を、3/18発表よりも少し噛み砕いて発表いただいたので、とても分かりやすい内容となったのではないでしょうか?

 あるご縁で浄土宗のご住職様が、法事を済ませて終了時に駆けつけてくださいましたが、開会時にはお寺の世話役の方ともう一人のお坊様を先に参加するようにしてくださっていて、そのご熱心な様子に感嘆しました。
 終了後は近くのホテルでさらに対話を進め、初めてお会いする方々とのつながりもさらに深まって、今後の展開が楽しみとなりました。
 3月18日(日)のシンポジウムの詳細はこちらをごらんください⇒クリック

*駆け付けてくださったご住職様の「見樹院」HP⇒クリック

(文責:河野秀海)

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    こにし (水曜日, 07 3月 2012 16:59)

    とても面白かったです。ありがとうございます。
    森のどこに葬られているのか分からないことの無名性って、
    甲田さんの非人称アプローチなんですね。
    個から森全体となることで、向こうでも・・・
    自然とともにコミュニティーが成立している感じがしますね。

  • #2

    morininaru (水曜日, 07 3月 2012 17:17)

    こにしさん
     ご参加ありがとうございました。
     こにしさんの鋭いご質問、たいへん参考になりました。
     「個を超えるパラダイム」を具体化する仕組みとして、「森になる」がどのように機能できるか‥ということなども模索中です。
     またいろいろとご意見お聞かせください。

  • #3

    尾崎真奈美 (水曜日, 07 3月 2012 17:27)

    非常に有益な議論をありがとうございました。心あるし掛けというのが、よいですね。
    個を超えるといっても、瞑想するより具体的行動で目に見える形になって、みなで喜べるのがいいですね。
    私はポジティブ心理学、与える喜びの心理学につないで行きたいと思います。
    イスリス本番が楽しみです。ありがとうございました。

  • #4

    morininaru (水曜日, 07 3月 2012 17:46)

    尾崎真奈美さん
     難しい内容を、とてもわかりやすくまとめてくださってありがとうございました。
     「森になる」の理論的バックボーンが明確になりました。
     ISLISシンポジウムの本番でも、どうぞ宜しくお願いいたします。

一般社団法人 森になる

〒1020082 

東京都‎千代田区一番町 6-4-712

・富士山連絡先

〒401-0511

山梨県南都留郡忍野村忍草2674-1 

        ダイアパレス富士忍野A304

代表理事:河野秀海

morininaru@gmail.com

FAX:03-6740-9949

Facebook ページ

↑クリック

  携帯アクセス
  携帯アクセス